2018.2.2|O脚と骨盤矯正 豊岡市からも多数来院の整骨院!!

こんにちは!!

 

 

みなさんの所は雪で足元の悪いところはありませんか?

 

 

溶けかけた雪があると、ぐしょぐしょして、中々歩きにくいものです。

 

 

出来るだけ転倒しないように、せめて、骨折なんてならないように祈っています☆

 

 

ところで、足元が悪いとき、自分の歩き方や重心がどうなっていると思いますか?

 

 

雪の日だけでなく、畑や田んぼのあぜ道を歩いているとき、どんなふうに歩いているでしょう?

 

 

ある日こんな患者さんがいらっしゃいました。

 

 

豊岡市の60代女性で、膝が痛くて来院されました。

 

 

この方は、事務仕事から退職されてから、ご主人の手伝いで農業をされていました。

 

今まで一度だって土を触ってこなかったのに、定年してから毎日のように手伝っているとのこと。

 

幸いにも、農業の中に楽しみを見つけ、自分のペースでやれているそうです。

 

花や、野菜など、植物を育て、安心して食べられるものを作るのが楽しみということでした。

 

しかし、昨年から股関節の違和感を感じ、自分でストレッチなどを行いながら過ごされていました。

 

ストレッチをすると、痛みも軽減し、また農作業を行っていたとのこと。

 

しかし、徐々に股関節の痛みから、膝に痛みが移動していき、最初は屈んだ時や、座った状態から立つときに踏ん張ると痛かったのが、歩いているだけでも痛くなり、そして、夜もうずく状態になってしまいました。

 

ある日、疼きで目が覚めて、足をさすってみると、すごく熱くなっていました。

 

 

整形外科に行くと、レントゲンを撮ってもらい、お医者さんからは

 

 

「膝が変形しかけてますね。水も溜まって炎症も起きていますので、仕事は少しお休みして頂いた方が良いかと。

 

注射して痛みをひかせていきます。」

 

 

と言われたそうです。

 

 

注射をしてもらい、徐々に疼きは収まりましたが、歩くと痛みが走るため反対の膝に体重をかけて歩いているのが自分でもわかっていました。

 

そうすると案の定、反対の膝が痛くなってきました。

 

それで今度は反対の膝を整形外科で、診察してもらいました。

 

 

「こちらの膝も、反対の膝同様変形が始まってますので、お薬だしておきますね。

 

これ以上変形がひどくなったら手術しましょうか?」

 

 

ここで、この方は、ハッと思われたみたいです。

 

このままでは手術しかないのか、何とか元の状態に戻すことはできないか?

 

 

そう思った時、昔の職場の人に出会い、はま整骨院を紹介してもらったとのことでした。

 

 

初診時では、両膝に熱感があり、水が溜まり、腫れていました。

 

痛みもきついのか、年齢の割には足を引きづりながら歩く様子が非常に印象的でした。

 

 

でも、本人は「何とか痛みをとって、元の状態に戻して、また畑に行きたい。好きなことをしたい!」

 

と、人生に前向きになろうとしているところでした。

 

 

体を診てみると、お医者さんの言うとおり、年齢の割には変形がすでに表れ始め、

また、身体の方も、痛みから逃れるかのようにゆがんでいました。

 

 

ご自身でも膝の変形はみてひどいなと思っておられたそうですが、

まさか上半身体全体が傾いているとは思わなかったようで、非常に驚かれていました。

 

 

なぜなるのかを、体のゆがみから説明し、今までの体の使い方、そして、筋力低下からくるものとご理解されていました。

 

 

特に、あぜ道のよう舗装されていないところ、また、ぬかるんでいるような足の力が逃げていくような場所においては、

 

 

足の外側(小指側)に体重がかかりやすくなります。

 

 

そして、以前は事務仕事ばかりで、足の筋力も落ちていたのも重なり、重心を支え続ける力も弱っていたと考えられます。

 

 

それなのに、頑張りすぎて、歩く姿勢が崩れ、さらには体が疲労からかたまり、歩行姿勢が加速して悪くなったと考えられました。

 

本人も思い当たる節が多く、靴が外側ばかりがすり減り、近所の方からは、ふらふらと歩いているように見えるといわれたことがあるとのことでした。

 

原因と、癖さえわかれば、あとは修正して治していくだけ。

 

本人も一生懸命に言ったことを守り、骨盤矯正を受けながらきっちりと体を整えていきました。

 

でも、一般的に言われていても、注意していかなければならないことがあります。

 

それは...

 

 

「良く歩いて運動する」

 

です。

病院の定期受信では、「良く歩いて運動してください」と言われたそうですが、これが非常に気を付けなければいけません。

 

 

『運動っていいんじゃないの』

 

 

と聞こえてきそうですが、想像してください。

 

 

痛くなったときのままの歩き方で、歩くと、どうなりますか?

 

 

痛くなります。壊します。再発です。

 

 

つまり、正確には「正しい歩き方で良く歩きなさい」です!!

 

 

当院では、骨盤矯正のほかに、正しい歩き方をマスターするためのプログラムがあります。

 

 

それが【スタイレックス】です!!

 

 

日本では、O脚矯正のマシンとしては、非常に優秀で、なおかつ深い理論で作られたマシンです。

 

これを使った人の感想は、

 

「今まで使ったことのない筋肉が動かせました」

「正しい使い方って全然違うんですね!!」

「今までの歩き方が間違ってたのが良くわかりました!!」

「最初は膝に負担があって、本当に大丈夫?と思ったけど、筋肉が正しくつくのが分かりました。」

「見た目がどんどん変わります!嬉しい!」

などなど・・・

 

 

どんなにすばらしいお医者さんや治療家でも、筋肉は本人が頑張らなければつきません。

 

 

その筋肉も、間違ったつけ方をすると、逆に痛めてしまいます。

 

 

ですので、しっかりと正しい使い方、歩き方をマスターし、使えるようにならなければ、すぐに再発してしまいます。

 

 

もし、これを読んでいるあなたが気にされているなら、今すぐご連絡下さい!!

 

 

全力でサポートさせていただきます!!

お問合せ

TOPへもどる